顔の形が丸い場合

フレーム選びのポイント

顔の形に合ったメガネ選びのポイントは、ずばりフェイスラインの特徴を打ち消すデザインの物を選ぶことです。丸顔だからといって丸いデザインを選んでしまうと、かえって顔の丸みが強調されぼんやりとした印象になってしまいます。そこで、直線的なデザインのフレームを選んでみましょう。キリッとした印象になり、丸顔とのバランスも良くなります。また縦よりも横の比率が大きいフレームを選ぶことも重要です。縦に短く横に長いデザインでは顔が長く見えるので、顔の丸さを打ち消すことができます。逆に避けた方が良いのはテンプルやブリッジの位置が低い物です。これらのデザインでは顔が縦に短く見えるので面長の人にはぴったりですが、丸顔の方がかけると顔が横に広がって見えてしまいます。つまり丸顔の方には、顔を縦に長く見せキリッとした印象にするフレームがオススメと言えるでしょう。

丸顔さんにオススメのフレーム

横に長く直線的なフレームとして「スクエア」タイプがオススメです。名前の通り横に長い長方形のデザインなので、丸顔さんのぼんやりとした輪郭をキュッと引き締めてくれます。また知的で落ち着いた印象を与えることから、ビジネスシーンでも使えるデザインです。もちろん、スクエアタイプ以外のデザインを選んでも工夫の余地はあります。たとえばリムを上半分だけのハーフリムにすることです。こうすると上のラインだけが強調され、顔の下半分が実際よりも長く見えます。また、フレームのないタイプを選ぶという選択肢もあります。顔を長く見せるといった効果は期待できませんが、メガネによる印象の変化自体があまり起こらず、丸顔特有の柔らかさやナチュラル感を維持できます。

顔を縦に長く、すっきり見せるというポイントを意識すればスクエアタイプ以外にも丸顔に似合うフレームは沢山あります。実際に着用して自分に似合うメガネを選びましょう。

めがねは、単に視力の矯正を目的とするだけではなく、顔の印象を大きく変えることができるアイテムです。自身のフェイスラインやなりたいイメージに合わせて選ぶことで、ファッションの一部として楽しめます。