遠近両用レンズの特徴

遠近両用レンズの仕組みと長所

パソコンやスマホが普及した現代は目の老化が早まる傾向にあります。早い人では40代前半にはスマホ画面や本、新聞など近距離の文字が見にくくなります。原因は目のピント合わせ機能の衰えです。そこでお勧めしたいのが遠近両用レンズが入った眼鏡です。遠近両用レンズの仕組みはレンズの上側のピントを遠距離に合わせ、下側のピントを近距離に合わせ、遠近両方の視力を補えるようにしています。レンズの上下には境目がなく、一枚のレンズに二つの焦点が合うようになっています。そのため一見すると遠近両用レンズと分かりにくいのが特徴です。

老眼鏡は近距離だけにピントを合わせる眼鏡です。そのため、老眼鏡をかけたままで遠くを見ようとすると眼鏡をずらさなければなりません。この動作は老けた印象を持たれることが多いのです。遠近両用レンズなら、このような不都合は解消されます。

遠近両用レンズに合う眼鏡フレームとは?

遠近両用レンズの特徴として、左右の視界が若干狭くなるということが挙げられます。また、上に遠距離、下に近距離と二つのピントが必要になるため、レンズの形状は上下に大きくなる傾向があります。遠近両用レンズを快適に使うためには、このような特徴を生かした形状のフレームが必要になります。フレームのタイプは時代とともに様々なタイプが流行しました。遠近両用レンズに合うタイプとしては、ウェリントン、レキシントンなどが考えられます。ウェリントンタイプとは、正方形タイプで落ち着いた印象があります。そのため、どちらかと言えば年配の方に好まれるタイプです。フレームの素材や色などで重厚にもカジュアルにも演出できます。男性にも女性にも広く愛されるタイプと言えます。大切なことは、実際に合わせてみて顔の輪郭、日ごろのファッションとマッチするかを試してみることです。