顔の形が面長な場合

面長の人は大きめのフレームを選びましょう

面長タイプの顔の人におすすめのフレームは、ボストンタイプ・ウェリントンタイプです。面長の顔は知的でクールな印象を持たれてしまう人も多く、ボストンタイプのフレームではその印象を和らげてくれます。大きめの丸みがある逆三角形をしたフレームなので、優しくやわらかな印象を与えてくれます。ウェリントンタイプも大きく丸みがある台形のフレームで、上下に幅のあるフレームのほうが面長の印象をさらに緩和してくれます。フレームの太いものを選ぶと小顔に見えより効果的で、どんなファッションやシーンにも合う万能なフレームと言われています。優しい印象を与えたい場合には肌色に合ったものを選び、ウェリントンよりもボストンタイプがおススメです。

オシャレさと遊び心のあるアンダーリムもおススメ!

ボストンやウェリントンタイプのメガネは定番過ぎると思う人には、アンダーリムのフレームがおススメです。レンズの下半分にだけフレームがあるもので、顔を見た時にフレームの下部に目線がいくため、面長の印象を和らぐことができます。少し上級者向けではありますが、上部にフレームが無いことで顔全体がスッキリすることでオシャレさがアップし、普段と違ったイメージを与えることができます。似たようなフレームでハーフリムがありますが、ハーフリムはレンズの上部にフレームがあるので、面長をさらに強調してしまうで避けましょう。面長の人はできるだけ縦幅のあるフレームを選び、「ブリッジ」と呼ばれる中央のフレームをつなぐ鼻の部分や、耳にかける部分の「テンプル」は、フレームの下の方についているメガネの方が良いでしょう。