老眼用レンズの特徴

近くが見えにくい時に助けてくれるのが、老眼用レンズ

近くを見る時に本来は水晶体を厚くさせる必要がありますが、この水晶体の力が弱くなることで厚くすることができず、ピントが合う近点距離が次第に長くなってしまい、近くが見えづらくなるのが老眼です。加齢と共に気になるようになり、早ければ40代くらいから自覚症状がある方も出てきます。老眼は65歳まで進行すると言われているので、特に気になることがなくても定期的に眼科医に見てもらうことが重要で、老眼以外にも病気の早期発見につながります。 老眼になってしまうと、近くのものが見えづらくなり、生活にも支障が出てきてしまい不安になることも多いかもしれません。そんな時に役立つのが老眼用レンズです。近くにピントを合わせることができない老眼の目を補助するのが老眼用レンズの特徴で、装着することで生活の質を落とさず今まで通りに過ごすことも可能になります。

老眼用レンズには様々な種類がある

老眼用レンズには様々なタイプのレンズがあり、生活の仕方や見え方によって選ぶものが変わります。まず、一番メジャーなものが「近用レンズ」で、手元の近距離専用レンズです。「遠近両用レンズ」もよく聞く名前ですが、こちらは遠くから近くまで見えるのが特徴で、日常生活全般で使用できます。この他に、手元作業や室内で過ごすのがメインの方向けの「中近両用レンズ」や、「近用ワイドレンズ」という、手元とその周辺範囲が見え、近用レンズよりも視界が広いレンズがあります。こちらは、PC作業やデスクワークをすることが多い老眼の方向けレンズです。このようにレンズタイプによって特徴が異なるので、自分の見え方やライフスタイルはどのタイプが合うのかを考えて選ぶと、より快適に過ごせます。